牛若丸首途乃井

 

ウォーキングの際に左斜めに頭を傾けたらふと目に入って来ました。

 

牛若丸(源義経)が奥州の藤原氏のもとへ落ちる時に伴ったといわれる
金売り吉次の屋敷跡といわれてます,旅立つ際にこの井戸の水を汲んで別れを惜しんでいたみたいです。
この石標は井戸の跡を示すものらしいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です