宇治神社

由緒

宇治橋の上流宇治川の右岸、この辺りは応神天皇の離宮(桐原日桁宮キリハラヒケタノミヤ)の跡でもあり、皇子の菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと) の宮居の跡と伝えられている。応神天皇が稚郎子命を天位に任命するが、稚郎子命は王仁(ワニ)博士から儒教の思想を学んでいたので、兄の大鶴鷯命(オオササギノミコト 後の仁徳天皇)を差し置いて天位に就く事が儒教の思想(長子相続)と違ったため、稚郎子命は天位を兄の大鶴鷯命に譲ったが相譲りあいの後、死をもって節を全うした。後に、兄の仁徳天皇は稚郎子命の宮居に祠を建て神霊を祀ったのが、この神社の始まりである。と記されていました。

 

宇治神社

朝霧通りより

 

 

手水舎

 

 

拝殿(桐原殿)

参道より

 

桐原殿

 

参集殿

 

 

本殿

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です